発送代行のメリットと外注のデメリット

発送代行のメリットは在庫を管理するのは委託先に任せられることと、会社に現在あるリソースを経営や営業に集中化出来ることです。1日の内に出荷や入荷に時間を取られる人材がいれば、それだけ他の仕事を圧迫してしまう可能性があります。とくに少人数の会社では経営のマルチタスクが必要ですが、外注出来る部分は積極的に任せた方がいいことも少なくありません。

発送代行を使うことで倉庫などの維持管理費が抑えられて、手数料は発生しますが運送会社との契約により送料は割引になることもあります。トータルで考えて短期の利益を追求するならば外注を使い、長期的な費用デメリットが発生する場合には自社の物流部門を強化するなどの計画を推進する必要があるのです。