home ブログ 誰にでも分かるコンテンツづくり

誰にでも分かるコンテンツづくり

ホームページ制作においてコンテンツに求められる要素の一つでもある「読ませる文章」について考えてみましょう。「読ませる文章」とはユーザーにとって魅力的な情報や内容が含まれていることにプラスアルファ、何よりも文章がわかりやすいことが重要とされています。

読んでいて面白い文章というのは、ユーザーにとって興味のある価値のある情報が掲載されているものにちがいないと思われるのですが、いくらコンテンツに含まれる情報がユーザーにとってためになる内容であっても、専門用語などの理解に苦しむ文章や用語を立て続けに並べられても、全く意味が分からないコンテンツとして、ユーザーにとっては何ら面白みのない文章として認識されてしまうでしょう。

「読ませる文章」として大切なポイントとなってくるのは、分かりやすい日本語を使うという点にあります。実際にスペシャリストやエキスパート向けの専門的なホームページであれば、いくら専門用語を使おうともユーザーたちが理解に苦しむことはないかもしれませんが、不特定多数のユーザーをターゲットとしたコンテンツには、誰が読んでも分かりやすい「読ませる」文章が必要不可欠となってくるのです。